健康維持

コンドロイチンの正しい呼び方

コンドロイチンは関節に多く含まれている成分で、関節の痛みなどがある方はサプリメントや健康食品など利用されています。
コマーシャルでもコンドロイチンやヒアルロン酸、コラーゲン、グルコサミンなどの体に必要な成分をよく聞くようになりましたが、実は、コンドロイチンというのは正式名称ではなく、正式には「コンドロイチン硫酸」といいます。

この成分は軟骨、また腰の椎間板など関節部分に多く含まれていて、ムコ多糖という物質です。
細胞と細胞を結合する等の働きを持ち、血管を強くする作用、水分を保持する作用などもあり、健康な暮らしに欠かせない成分です。

肌が衰えてきたアンチエイジング世代にとっては美容要素の強い成分ともなりますし、立ち上がるのがつらい、歩くのがつらいというご高齢者にとっては、関節の滑りをよくする潤滑油的な効果をもたらします。
つまり、美容にも健康にも効果的な成分という事になります。

コンドロイチン硫酸はヒアルロン酸やコラーゲン、グルコサミンなどとともに摂取することで相乗効果を発揮します。
サプリメントを購入される際にはほかにどんな成分が配合されているのか、また含有量はどのくらいなのかをよく確認して購入されるといいでしょう。


このページの先頭へ