健康維持

グルコサミンとコンドロイチンの相乗効果

グルコサミンとコンドロイチンはセットで利用されることが非常に多い成分です。
サプリメントなどを見ても、グルコサミンとコンドロイチンが共に配合されているものが多いです。
なぜ、グルコサミンとコンドロイチンが一緒に配合されるのか、というと、相乗効果が期待できるからです。

グルコサミンもコンドロイチンも軟骨成分です。
軟骨部分は足や手を動かす際にを摩擦から保護するという働きを持っています。
この軟骨は水分を豊富に含んでおり、グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸などによって構成されています。

コンドロイチンやグルコサミンなどの軟骨成分が加齢や激しい運動などによって失われてしまうと、骨同士がぶつかりあり、激しい痛みが生じます。
加齢によって歩けなくなる方の多くが、変形性ひざ関節症などになってしまいますが、軟骨成分が失われてしまう事によっておこるのです。

膝の軟骨を構成する成分をWで取り入れることで、痛みの軽減や歩行可能になるなど、関節の様々な症状を緩和することが可能になるのです。
スポンジのように水分を含み必要な成分で満たされている軟骨にするためにも、コンドロイチン、グルコサミンは欠かせない成分だと言えます。
できればサプリメントもWの効果が期待出来るものにしましょう。


このページの先頭へ