健康維持

コンドロイチン硫酸のメカニズム

コンドロイチンは関節の痛みなどに効果があるとしてサプリメントなどを中心に人気があります。
コンドロイチンはコンドロイチン硫酸という名称で、動物の体内のムコ多糖でグリコサミノグリカンという成分の一種です。

このグリコサミノグリカンはコアタンパク質というたんぱく質と共有結合したプロテオグリカンという状態で私たちの体内に存在しています。
軟骨に最も多く存在していますが、結合組織などに多く存在し、脳などにも多く含まれています。

プロテオグリカンは、タンパク質の芯の部分にヒアルロン酸が存在し、そのヒアルロン酸の芯部分に枝のような形状で存在しています。
この枝のような形状でたくさんの水分を引き寄せしっかり保持する働きを持っています。

コンドロイチンはヒアルロン酸などと共に配合されている商品が多いのですが、ヒアルロン酸が減少しているとコンドロイチンをいくら摂取しても力を発揮することができないからです。
コラーゲンがありそこにヒアルロン酸が存在し、その芯にコンドロイチン硫酸がプロテオグリカンという状態で付着していることで、働きが維持されるという事です。
美容や健康のためにサプリメントを利用される際、コンドロイチンを活かす他の成分が配合されているかどうかも確認が必要です。


このページの先頭へ