健康維持

老化防止をコンドロイチンの力で対応

年齢を重ねていくとだんだん体に支障が出てきます。
特に肌の衰えは強く感じるようになります。
シミ、しわ、たるみ、こうした加齢による肌トラブルの大きな原因となるのが水分不足です。
水分を維持するためにはヒアルロン酸やコラーゲン、それにコンドロイチンなどの成分が必要不可欠となりますが、残念ながらこれらの成分は、年齢と共に失われている成分です。

20歳をピークにコンドロイチンなどの成分が減少していきます。
40代、50代ともなると若い時の半分以下という方もいますので、肌における現象の作用は深刻です。
シミができやすくなったり、しわが多くなったり、お化粧するのも外出するのも嫌になってしまいます。
コンドロイチンをサプリメントなどでしっかり補給し、内部への働きかけを行う事で、水分を保持する力が出てきます。

また老化すると関節の痛みを訴える方が非常に多くなりますが、この関節の痛みの原因となる軟骨のすり減りにもコンドロイチンが深く関係しています。
軟骨成分であるコンドロイチンが減少することによって軟骨が弱くなり、すり減り、骨と骨が摩擦するようになってしまうのです。
老化という事に関して深く関係するコンドロイチンは予防的に早い段階から積極的に摂取することが望まれます。


このページの先頭へ