健康維持

老眼、白内障を撃退をコンドロイチンの力で対応

加齢で体の変調を感じるのは関節や肌等ばかりではありません。
40代後半ともなると多くの方が老眼に悩んでいますし、60代になると白内障の方も多くなります。
老眼や白内障などの目の症状、疾患に大きく関係しているのがコンドロイチンです。

老眼は目のピントが合わない状態です。
水晶体の厚みを変化させることでモノを見る際にピントを合わせているのですが、この水晶体のピントを合わせる機能が弱くなり遠くのものが見えにくくなるのが老眼です。
水晶体と水晶体の伸縮調整を行う毛様体筋という部分に存在しているのがコンドロイチンです。
コンドロイチンは目のオートフォーカス機能を正しく行うため、潤滑油的な役割をしているのです。

加齢とともに減少するコンドロイチンによって、だんだんと焦点を合わせる機能、水晶体の伸縮が弱くなり、老眼という状態になってしまうのです。
また水晶体が白く濁ってしまう事で光が眼底にうまく届かないことで、視力が弱くなってしまう白内障にもコンドロイチンが深く関係しています。
コンドロイチンが減少することによって水晶体内部が濁り、白内障となり目の前に霧がかかったように目が見えにくくなります。

コンドロイチンの摂取について、膝関節などの痛みや動きの改善につながるという事に注目が集まりますが、実は目という大切な器官にも深く影響しているのです。
この成分をしっかり摂取することで目の健康の改善、予防にもつながります。


このページの先頭へ