健康維持

コンドロイチンと熱中症

日本の夏はいつからこんなに暑くなったのか?まるで熱帯のように暑い日々が継続し、熱中症になってしまう方も非常に多くなっています。
特にご高齢者は外出されていなくても室内で寝中小になる事もあり、夏は本当に気を付けていただきたいです。

この熱中症に、コンドロイチンが関係しているという事は皆さんご存知でしょうじゃ。
コンドロイチンは体内の水分保持に深くかかわっています。
体内の水分量が適度に保たれていること、これは、健康に生活するために必要なことです。
夏、暑い日々が続くと、知らないうちに体内に保持されている水分量が低くなってしまう事があります。
こういった状態になると体内の水分保持に深く関係するコンドロイチンも減少し、熱中症になりやすくなるといわれています。

水分を保持するという事に深くかかわっているコンドロイチンを積極的に摂取することで、夏場、熱中症に強い体を作ることができるという事です。
特に高齢になって膝関節などに痛みがある、という方は、コンドロイチンをサプリメント等で補う事が求められます。
痛みの緩和につながるほか、夏に多くなる室内での熱中症対策ともなるのです。
もちろん、水分をこまめに摂取する、脱水させないという事も忘れないようにしましょう。


このページの先頭へ