健康維持

コンドロイチンと軟骨の関係

関節と関節の間に存在する軟骨は、何から構成されているかというと、軟骨細胞というもので形成されています。
軟骨は、水分、コラーゲン、プロテオグリカン、軟骨細胞によって構成されているのです。
このうちのプロテオグリカンはグリコサミノグリカンというムコ多糖とタンパク質で合成されていて、グリコサミノグリカンとタンパク質の結合のうち、約8割がコンドロイチンです。

軟骨のヒアルロン酸にくっつくように存在するコンドロイチンは水分を引きつけ、吸収し、保持するという働きを持っています。
ヒアルロン酸が芯のようになりその芯からでた細かい枝のような部分に存在するのがプロテオグリカン、つまりほとんどがコンドロイチンという事です。

水分を保持するという役割を持っているコンドロイチンが不足すると、吸収した水分をヒアルロン酸に補給する事が出来ず、ヒアルロン酸の働きも弱くなってしまいます。
軟骨部分ばかりではなく肌細胞などにも影響を与えます。

関節と関節の間で、スポンジのようなクッションの軟骨が骨同士の摩擦をしないようサポートしているのですが、このスポンジに水が全くない状態になれば、スポンジはぺちゃんこになりも摩擦してしまい炎症、そして痛みが起こるんです。
関節の働き、動きに大きな影響を与えるコンドロイチンが、とても大切な成分だという事をよく理解しておきましょう。

このページの先頭へ