健康維持

コンドロイチンとコラーゲンの関係

コンドロイチンといえばグルコサミンとセット扱いされることが多いのですが、その他にも密接な関係を持った成分があります。
コラーゲンです。
コンドロイチンはブドウ糖から出来るムコ多糖類という成分で、コラーゲンはアミノ酸系のたんぱく質です。
元となっている成分に違いがありますが、いずれも軟骨構成成分として欠かせないものです。

一口にコラーゲンとコンドロイチンを表してみると、外側がコラーゲン、内部がコンドロイチンといったイメージです。
軟骨内部に存在するコンドロイチンは常にコラーゲンが水分を保持できるように、また新鮮な状態でいられるようにサポートする働きを持っています。
コンドロイチンは軟骨構成に必要な栄養素や水分を供給させる、維持するという大切な役割を持っているのです。

コラーゲンという成分は体の至るところに存在している成分で、細胞を保護する働きがあります。
血液や血管内にも存在していますが、コンドロイチン同様、加齢とともに減少していく成分なので、ある程度の年齢になったら、外部から補給するという事を考慮しなければなりません。

最近はコンドロイチン、グルコサミン、コラーゲンなどが配合された良質なサプリメントも登場しています。
相乗効果の高い成分が配合されたサプリを選び、健康に役立てていきましょう。


このページの先頭へ