健康維持

加齢と共に減少するコンドロイチン

コンドロイチンは体内に豊富に存在しています。
体内で水分の調整を行っているのです。
関節や脳など体内の至るところに存在し、活躍している成分であり、必要不可欠な成分です。
この成分は成長期には体内でどんどん生成されています。
ですが、加齢とともに作られにくくなっていき体内量が減少していきます。

コンドロイチンの量が減少していくと、次第に関節などに支障が出てきます。
関節と関節の間、軟骨に多く含まれるコンドロイチンが不足すると、潤滑油の働きが出来なくなり、骨同士が摩擦してしまうのです。
すると炎症を起こし痛みが発生し、可動域も狭くなります。
歩きにくくなったり、立ち上がるのにも苦労したり、ちょっとした段差で転ぶようにもなるのです。

加齢とともに減少し体内での量が不足していくのですから、積極的に補助していく必要があります。
サプリメントなどでコンドロイチンをうまく摂取することで、関節の痛みの緩和、可動域の改善などが期待出来ます。

また水分量が多くなることで肌が美しくみずみずしくなっていきます。
年齢を重ねることによって減少していくという事がわかっているのですから、ある程度の年齢になったら、コンドロイチンを予防的に摂取していきたいものです。


このページの先頭へ