健康維持

コンドロイチンで関節のサポート

骨と骨をつなぐ部分に位置している軟骨、この軟骨があるからこそ、骨同士がぶつからずにスムーズに稼働することができます。
関節を保護するために軟骨の構成成分であるコンドロイチンは必要不可欠な成分です。

関節部分以外にも細胞や脳など様々な部分に存在しています。
軟骨のコンドロイチンはゲル状でコラーゲンとくっついた状態でプロテオグリカンという状態で働いています。
氷と氷との摩擦よりも低い潤滑性能を持った関節の軟骨は、コンドロイチンなどの成分によって構成され、常に関節の骨と骨が摩擦しないように働いているのです。

コンドロイチンは軟骨で潤滑油的に働くという事のほか、血管がない軟骨部分に栄養を運ぶ、また関節軟骨を分解してしまう酵素を抑制する等の働きを持っています。
どの働きをとっても、関節に欠かせない働きなのです。

年齢とともに減少してしまうコンドロイチンをそのままにしておけば、関節の痛みや可動域の抑制など様々な支障が起きてきます。
こうした症状が起こらないように、また症状が起きた場合改善できるようにコンドロイチンを積極的に摂取していく必要があるのです。
少なくとも、40代になったら関節の健康を考慮し、このサポート成分をサプリメントなどで補っていくことが必要です。


このページの先頭へ