健康維持

コンドロイチンで関節炎対策

加齢によって関節炎に苦しむ方も少なくありません。
関節炎とは外傷以外の事が原因となり関節の炎症によっておこる様々な症状の事を総称しています。
症状としては関節の痛み、腫れ、浮腫、また水がたまるなどの症状を引き起こす場合もあります。

原因としては細菌性や結核性、リウマチなどがありますが、いずれにしても傷みが激しく、足などに症状が起こると立てない、歩けないほど痛みを感じる場合もあります。
関節炎がある方は、治療を受けながら患部の保護や保温などを心がけることが必要となりますが、症状が進むと寝たきりになる可能性もあり、早い段階で症状を改善しておく必要があります。

こうした関節痛の症状に効果的なのが、コンドロイチンやグルコサミンです。
コンドロイチンやグルコサミンは関節の軟骨構成成分なので、これらの成分をサプリメントなどで摂取することで痛みの緩和、症状の改善が期待出来るのです。

関節炎などの症状の改善にコンドロイチンなどのサプリメントを利用する場合、含有量が適切なもの、管理が行き届いているもの、成分が良質なものを選ぶようにしてください。
また、利用してすぐに効果を発揮するというお薬のようなものではなく、継続的に利用して効果を発揮するサプリメントです。
コンドロイチンを継続的に利用し、症状の緩和に努めましょう。


このページの先頭へ