健康維持

コンドロイチンとヒアルロン酸の関係

ヒアルロン酸というと美容商品に多く配合されている、という印象があります。
でもこのヒアルロン酸は、美容だけではなく健康にも大きく関係する成分です。
体内の全ての結合組織部分に存在しているのがヒアルロン酸です。
関節部分ではクッション役として働いています。

コンドロイチンも軟骨を構成する成分ですが、結合組織を構成する成分として、軟骨を健康に保つために欠かせない成分です。
ヒアルロン酸に必要な栄養素や水分を送るという働きを持っていますので、コンドロイチンが体内で減少することは、ヒアルロン酸も減少するという事になります。

グルコサミンとコンドロイチンの成分が配合されたサプリメントを積極的に摂取しても、体内のヒアルロン酸が減少してしまえば、せっかく軟骨を二つの成分が改善し構成を立て直しても、関節駅となっているヒアルロン酸などが少なくなっていれば意味がないのです。
つまり、コンドロイチンもヒアルロン酸もそのほかの成分も体内にしっかり存在することが関節の健康にも美容にも欠かせない事となるのです。

膝のクッション役となる成分、その軟骨を構成する成分が揃ってこそ、膝の痛みなどに苦しまず生活を送ることができるようになるのです。
コンドロイチンのサプリにはヒアルロン酸などの成分が配合されたものが多くなっていますので、ぜひ、利用してみてください。


このページの先頭へ