健康維持

コンドロイチンとグルコサミンの関係について

コンドロイチンとグルコサミンはセット販売されることが多い成分です。
相乗効果が期待出来るという事がありますが、この二つの成分、とても深い関係にあるのです。
コンドロイチンもグルコサミンも軟骨に欠かせない成分です。
軟骨を構成する成分であり、ヒアルロン酸やコラーゲンと共に軟骨を健康に保っています。

骨と骨が摩擦しないように軟骨がクッション役となって人の体を支え、歩く、走るなどの動作をサポートしているのです。
このクッション役となる軟骨がすり減ることで動きに影響が出て、痛みも生じます。

グルコサミンはコンドロイチンを合成します。
グルコサミンがある事でコンドロイチンが生まれるのです。
病院の治療などに利用されているグルコサミンは、軟骨成分の再生を促します。
変形性膝関節症などの治療に利用されている成分です。

コンドロイチンは軟骨のクッション役となる成分の為、膝関節症などになった場合、この成分を積極的に摂取することで悪化しないようにしてくれるという効果があります。
グルコサミンとコンドロイチンを両方セットで摂取すると効果が高くなるというのは、痛みを軽減する効果と軟骨そのものの再生を促す成分の両方を摂取することで、改善と緩和が出来るからなんです。
深い関係にあるこの二つの成分が配合されたサプリメントを利用し、関節を健康に保つという事が期待出来るのです。


このページの先頭へ