健康維持

コンドロイチンの原料について

コンドロイチンは美肌、また健康のために必要不可欠な成分です。
サプリメントなどを利用して、膝関節通や腰の痛みなどの緩和に利用されている方が多くなっています。
このコンドロイチンですが、私たちの体にもともとあるものでもあり、食べ物などにも含まれています。
サプリメントなどに利用されているコンドロイチンの原料は何が利用されているのでしょうか。

コンドロイチンにはコンドロイチン4硫酸と6硫酸があります。
コンドロイチン4硫酸は豚や牛、鶏の軟骨などからとれるもので、質が安定しているということが特徴であり、また無臭であるということもこの種類の特徴です。
コンドロイチン6硫酸はサメの軟骨で、サプリメントなどの多くがこの6硫酸を利用しています。

6硫酸の場合、匂いがあるという特徴がありますが、日本の製品にはこの6硫酸を利用したものが多くなっています。
無臭である4硫酸はアメリカなどのサプリメントで広く利用されています。
注意してほしいのがその原料がどこで採られたものなのか、という点です。
食品衛生などの問題によって、商品の質に問題があるとされる中国産などは注意が必要です。
日本のメーカーのものでも中国の原料を利用して作られているものもありますので、商品の詳細をしっかり見極めることが必要です。


このページの先頭へ