健康維持

みずみずしいお肌をコンドロイチンの力で対応

皮膚の構造から理解していきましょう。
私たちが皮膚として認識している目に見える部分が表皮、その下に真皮があり、その下に皮下組織があります。
この表皮、真皮、皮下組織のうち、真皮部分の約7割がコラーゲンです。
コラーゲンは網の目状になっていますが、その隙間を埋めるように存在しているのがコンドロイチンです。

コンドロイチンは真皮の中で水分を抱き込むように存在し、水分が外に逃げないように保護しています。
水分がたっぷりあるお肌は触っても弾力があり、プルプルしています。
水分量が多い肌というと赤ちゃんに勝るものはありませんが、赤ちゃんの肌というのは弾力があり見た目にも水分がしっかり保持されていることがよくわかります。

つまり、みずみずしい肌の中心となっているのがコンドロイチンなのです。
コンドロイチンやコラーゲン、ヒアルロン酸は肌の水分、健康に深く関係する成分ですが、年齢を重ねていくうちにだんだんと減少していきます。
特に閉経を迎える頃には女性ホルモンのバランスの崩れもあり、一気に減少します。
お肌の老化が激しくなる時期なので注意が必要です。
このくらいの年齢になると、関節の違和感などを訴える方も出てくるので、コンドロイチンのサプリメントなどを積極的に摂取していきたいものです。
こちらのアラキドン酸サプリメントのすすめについての記事も参考にご覧ください。


このページの先頭へ